2017年6月17日土曜日

現在の保有銘柄の状況(2017/6/17)




第3週恒例、現在の保有銘柄の状況です。





加重平均PERは17.29(先月)→18.97(今月)となりました。アークランドサービスやエムケイシステムが平均を押し上げる形となっています。


今月の主要銘柄の売買は以下の通りです。

売り シノケングループ(一部)

買い なし



8909 シノケングループ
スタンスとしてはポジティブなのですが、ある程度上がったら一部は売っておくのが私の既定路線です。



この一か月で最も良いパフォーマンスはエムケイシステム(+20.8%)、次がアークランドサービス(+16.8%)でした。エムケイシステムは特に材料もなく四季報も前号並なのですが、ここ数日でひたひたと上昇しています。小型株堅調の流れに乗った感もありますが、業績から考えるとPER25倍でもまったくおかしくはないと個人的には思っていますので、まだまだ期待しています。アークランドサービスは業績的に落ち度がなかったところで、株式分割&増配が材料視されました。PER30倍近辺ですが、売った場合に買い場がなさそうですので、売る場合は手放すことを覚悟する必要がありそうです。私的にはまだまだホールドするつもりです。

最もパフォーマンスが悪かったのがファンデリー(-4.1%)、次がハンズマン(-2.9%)でした。ファンデリーは前回の反動ですので、まったく問題なしと思います。ハンズマンは月次の悪さが嫌気されています。しかし、昨年5、6月は熊本地震の復旧特需がありましたので、反動は当然です。問題は今年度からの人件費増の影響が表れる4Qです。ある程度弱い数字が出ることは覚悟しなければなりません。

最近小型株がやたらと調子が良く、気持ちが悪いくらいです。急落の備えだけはしっかりとしておきたいところです。明日は新しい四季報とポートフォリオを眺めながら作戦を練りたいと思っています。



約一か月前(5/19)の状況はこちらです。
現在の保有銘柄の状況(2017/5/19) - バフェット流バリュー株投資で資産形成+


ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ





人気の投稿