2018年11月6日火曜日

プレサンス(3254) 31年3月期2Q決算

プレサンスコーポレーション【3254】、上期経常は2.4倍増益で上振れ着地・通期計画を超過 | 株探ニュース

すでに通期計画を上回っての超好決算となりました。今期は1,2Q偏重とは言えこれ以上は望めない数字です。



さらに良いのはワンルームも含めて受注が順調なところです。TATERU問題の影響が懸念されましたが、杞憂に終わりました(個人的にはここが一番ホッしました)。ワンルームの受注高は1Q末から倍増しました。また受注高全体も下のグラフで分かるように2Qとしては過去最高。全期間で見ても31年3月期1Q、29年3月期4Qに次いで3番目の受注高となりました。


同社の融資・販売への影響なしとのプレスのおまけまでついており、業績への不透明感が払しょくされるため、値動きは軽くなるのではないかと期待しています。


ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村




人気の投稿