2019年10月20日日曜日

現在の保有銘柄の状況(2019/10/20)

第3週恒例、現在の保有銘柄の状況です。



加重平均PERは14.78(今月)←14.99(先月)となりました。

今月の主要銘柄の売買は以下の通りです。非主力銘柄の買い増しでやや現金が少なくなりました。この銘柄はそのうち主力の下の方に出てくることになりそうです。すぐに儲からなそうな優良銘柄なのですが、個人的に好きなお店でバリュエーションがなかなか下がらないので、割り切って買い始めています。

売り なし

買い なし


この一か月で最も良いパフォーマンスはアメイズ(+5.4%)、次が毎日コムネット(+4.8%)でした。両方とも特に材料はないですが、相場全体がリバウンド局面にあるので低PER銘柄の方が相対的にパフォーマンスが良かったというだけなのでしょう。

最もパフォーマンスが悪かったのが東祥(-7.8%)、次はエイジス(-7.0%)でした。東祥とエイジスは2か月連続です。東祥は成長スピードの低下に株価が耐えられなくなってきているというところでしょうか。スポーツクラブで既存会員数軟調とのことですが、驚異的に高い営業利益率にはまだそれほど影響が表れていません。エイジスは増税特需を享受している最中なはずなのですが9月も前年比マイナスでしたので、株価は軟調です。

消費増税の影響がそろそろ明らかになってきます。どのような結果になるかは分かりませんが、実態と株価との歪があれば積極的に狙っていきたいです。株価は10月に入ってからも堅調であまりネガティブなニュースが流れてきませんから、ひょっとしてこのまま下げずに年末まで行くのかもという気がしないでもないです。山は張ってませんが。

約一か月前の状況はこちらです。
現在の保有銘柄の状況(2019/9/22)


ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ





人気の投稿