2016年6月17日金曜日

【決算分析】3830 ギガプライズ 28年3月期4Q



ギガプライズ【3830】、今期経常は71%増で2期ぶり最高益更新へ | 株探ニュース

 ギガプライズ <3830> [名証C] が5月13日後場(15:20)に決算を発表。16年3月期の連結経常利益は前の期比8.7%減の3億2500万円になったが、17年3月期は前期比71.4%増の5億5700万円に拡大を見込み、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。3期連続増収になる。

 同時に、今期の年間配当は前期の記念配当5円を落とし、普通配当15円にする方針とした。

 直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比84.6%減の1900万円に大きく落ち込み、売上営業利益率は前年同期の20.0%→18.3%に低下した。


 
■事業概要
フリービット傘下のマンション向けネット接続会社。販売チャネル拡大中。

■決算概要
 予想利益は大幅にショートして落着となりました。持分法適用関連会社である株式会社フォーメンバーズの投資損失が主な原因となります。株式会社フォーメンバーズはイオンハウジングを手掛けていますが、昨年の10月に関連会社になったばかりで、あっという間に1億円強を失うという事態となっております。完全に見込み違いだったわけですが、そもそも主力事業のネット接続は他社と差別化することができないため、どれだけ販売チャネルを広げられるかがすべてだというビジネスの難しさを裏付けているのではないかと考えています。
 とは言え、契約の伸びは順調で、今期のガイダンスがとびぬけているので、マーケットはこの決算を好感しています。








■4半期単計分析
ここ2四半期の売上の伸びが特に著しく、利益の伸びにつながっています。利益率はほぼ前年並ですので、売上の伸びと同程度に原価+販管費は上がっているようです。内訳は主に原価↑、販管費↓で、原価の上昇を販売管理費の減で補っている構図となっています。

■株価動向
今期のガイダンスが良かったため、株価は急上昇しました。契約の伸びが順調なのも買われた要因でしょう。

 ■指標
現在株価 3510円、PER 13.5倍、PBR 4.08倍、ROE 34.2%、DCF法適正株価 3264円





ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村











0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿