2015年6月21日日曜日

【決算分析】テンポスバスターズ(2751) 27年4月期4Q



テンポスバスターズ【2751】、今期経常は11%増で7期連続最高益更新へ | 株探ニュース

 テンポス <2751> [JQ] が6月11日大引け後(18:15)に決算を発表。15年4月期の連結経常利益は前の期比20.8%増の18.7億円になり、16年4月期も前期比11.1%増の20.8億円に伸びを見込み、7期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。5期連続増収、7期連続増益になる。

 直近3ヵ月の実績である2-4月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比2.0%減の5.7億円となり、売上営業利益率は前年同期の8.9%→8.2%に悪化した。



税金等の増加により最終益こそ一桁台の増加にとどまっていますが、その他は20%増加しており、 着実な成長が確認された決算でした。飲食事業のみならず、物販事業にも大きな伸びがみられたのが収穫でした。






4半期毎の業績を見ても非常に強力な成長性が確認できます。4Qでやや販売管理費率が上がり、営業利益率がわずかに下がったことが分かりましたが、誤差の範囲という認識で現在のところ死角はないように思えます。

この決算を受けて株価は上昇したのですが、その後下がって横ばい圏で推移しています。

現在1730円、PER21.0倍※、PBR4.57倍、ROE17.5%、DCF法適正株価1942円
※16年4月期予想EPS82.29円より独自算出




ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ  
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿