2015年10月29日木曜日

【決算分析】ジーフット(2686) 28年2月期2Q



ジーフット【2686】、上期経常は16%増益で着地 | 株探ニュース

 ジーフット <2686> [名証2] が10月7日大引け後(16:00)に決算を発表。16年2月期第2四半期累計(3-8月)の経常利益(非連結)は前年同期比16.1%増の31.9億円に伸び、通期計画の60.5億円に対する進捗率は52.8%となり、前年同期の50.3%とほぼ同水準だった。

 会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した9-2月期(下期)の経常利益は前年同期比5.3%増の28.5億円に伸びる見通しとなった。

 直近3ヵ月の実績である6-8月期(2Q)の経常利益は前年同期比0.1%増の8.2億円となり、売上営業利益率は前年同期の3.3%→3.4%とほぼ横ばいだった。


ABCマート同様、パッとしない決算でした。2Q累計ではABCマートよりは利益が出ていますが、2Q単独の印象はこちらの方が悪いです。







2Qは売上も営業利益も横ばいと伸び悩みました。ABCマートと同様に適正価格で販売しようという方針ですので、回転率の低下、原価率の低下が確認できます。原価率の低下にはPBの浸透(前年33.1%→今年36.8%)も貢献しているものと思われます。ちなみにABCマートは同様の方針でも単価アップにより売上も伸びていますが、同社は売上の伸びがほとんどありません。

2Q単独で見たとき、問題は販管費率にあります。今年は出店が39、昨年は30で若干多いことや、大型改修の影響かもしれませんが、やはり一番大きいのは店舗がかなり増えているにもかかわらず売上が全く伸びていないことだと思います。個人的には上述のABCマートのように売上が伸びなければ、この戦略には限界があるのではないかと思います。今後売上と利益率をどこで折り合いをつけるか、あるいは何かほかのもの(海外事業等)で補えるかに注目していきたいと思います。

この決算後、株価はやや下落しましたが、その後一部昇格のニュースで上昇気流に乗っています。短期的には需給が良くなるため、下値は限られる展開になりそうです。

現在 1032円、PER13.98倍、PBR1.9倍、ROE14.1%、DCF法適正株価3173円 



ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ  
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村





0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿