2017年3月2日木曜日

【決算分析】3910 エムケイシステム 29年3月期3Q



3910 エムケイシステム

■事業概要
社会保険や労働保険に関する業務支援ソフトウエアをASPで展開。M&Aにより人事総務に関する事業も子会社化。


■決算全般
40%超の大幅増収、一桁の小幅増益での着地となりました。増収の要因は社労夢事業の増収もありますが、3Qより連結対象となった子会社「株式会社ビジネスネットコーポレーション」の影響が大きいです。利益面での伸び悩みの原因としてはは人件費増、マイナンバー関連ソフトの償却開始によるコストアップを挙げています。

システム構築サービス等特需的などのマイナンバー制度開始による特需の剥落で一服感があるものの、主力のストックビジネスであるASPサービスの売上は前年比40%弱の増加と非常に堅調です。人件費の増加はありましたが、フローの売上を十分補うストックの売上を確保できたことは大きな意義があると個人的には考えています。



以下株探より引用

エムケイシステム【3910】、10-12月期(3Q)経常は11%減益 | 株探ニュース




■4半期決算概要
このグラフを見ると3Qでいろいろと変化があったことが分かります。売上の急増、利益率の激減、原価率の急増などです。短信では利益の伸び悩みの原因を「人件費増、マイナンバー関連ソフトの償却開始」としていますが、3Qで劇的に変化したことを考えるとビジネスネットコーポレーションの経費負担によるものではないかと推測できます。今後は主力のASPサービスがこれを補えるか、あるいは主力サービスとの相乗効果で人事総務系の事業が伸びるかに注目です。







■株価動向
決算後、株価は下落しています。

■指標
現在株価 1724円、PER 21.1倍、PBR 4.46倍、ROE 22.0%、DCF法適正株価 1535円





ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿