2016年1月19日火曜日

【決算分析】2686 ジーフット 28年2月期3Q



ジーフット【2686】、9-11月期(3Q)経常は9%減益 | 株探ニュース

 ジーフット <2686> [名証] が1月8日大引け後(15:30)に決算を発表。16年2月期第3四半期累計(3-11月)の経常利益(非連結)は前年同期比8.2%増の43.3億円に伸びたが、通期計画の60.5億円に対する進捗率は71.6%となり、前年同期の73.3%とほぼ同水準だった。

 会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した12-2月期(4Q)の経常利益は前年同期比17.6%増の17.1億円に伸びる計算になる。

 直近3ヵ月の実績である9-11月期(3Q)の経常利益は前年同期比9.1%減の11.4億円に減り、売上営業利益率は前年同期の5.1%→4.6%に悪化した。



3Q単独では増収減益、累計では辛うじて増収増益となりました。冬物の動きが鈍いということで予想はされていましたが、3Q単独は冴えない数字となっています。通期予想に対する進捗は例年並ですが、達成できるかどうかは、12月の悪い月次や1月初旬の温暖な気候というマイナス要因を2月まででどこまで回復できるかにかかっているように思います。







四半期のグラフを見ても3Qは厳しかったことが良く分かります。原価率は下がっていますので、PB化が素直に効いていると思われます。しかし、販管費率がかなり上がっています。理由は前回の決算時にも書きましたが、出店数の増加の割に売り上げが伸びないためだと思われます。店舗数が前年比で1割程度増えているにも関わらず、売上はほぼ前年並ですので、原価率が下がっているとはいえ、利益を伸ばすのは難しいでしょう。

株価はこの決算後、地合いの悪さも手伝って暴落しています。 累計では辛うじて増収増益を確保していますので、ここまで売られるような決算ではなかったかと思いますが、いかんせん流れが悪いです。しばらくは低空飛行が続きそうです。

現在 839円、PER 11.3倍、PBR 1.55倍、ROE 13.9%、DCF法適正株価 1580円 



ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ  
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿