2015年2月16日月曜日

シノケングループ(8909)26年12月期4Q決算分析



シノケングループ【8909】、今期経常は13%増で4期連続最高益、実質増配へ | 株探ニュース

 シノケンG <8909> [JQ] が2月16日大引け後(15:00)に決算を発表。14年12月期の連結経常利益は前の期比61.3%増の43億円に拡大し、15年12月期も前期比12.7%増の48.5億円に伸びを見込み、4期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。5期連続増収、増益になる。

 同時に、今期の年間配当は12.5円とし、12月31日割当の1→2の株式分割を考慮した実質配当は66.7%増配とする方針とした。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比21.4%増の6.1億円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の10.1%→9.3%に低下した。 


53%増収42.4%増益と予想通りの好決算でした。損益計算書をグラフ化したものが以下です。唯一気になるのが在庫が多いことですが、同社はおそらくすべて受注生産しているので問題ないと思われます。










来期予想もまずまず。決算説明資料にあるように受注残も前年を上回っているので、しばらくは安泰だと思います。先日の安値で買増ししようと指値して約定しなかったのがとても残念だと思えるような好決算でした。



ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ  
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿