2015年5月15日金曜日

【決算分析】フジオフードシステム(2752) 27年12月期1Q



フジオフードシステム【2752】、1-3月期(1Q)経常は1%増益で着地 | 株探ニュース

 フジオフード <2752> [JQG] が5月11日大引け後(15:30)に決算を発表。15年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比1.4%増の7.7億円となり、1-6月期(上期)計画の12.5億円に対する進捗率は61.8%に達し、さらに前年同期の53.5%も上回った。

 直近3ヵ月の実績である1-3月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の10.8%→9.8%に低下した。
 


売上は二桁増でよかったのですが、利益が伸び悩みました。しかし今上期は減益予想としていますので、このハードルは越える可能性が高そうです。








四半期毎のグラフを見ると分かるように、昨年1Qの利益の伸びが非常に大きく、実は今回の1Qは非常に高いハードルでした。そんな中増益を確保したところは立派だと思います。

利益率を見ても昨年と比較すると落ちていますが、例年よりはむしろ高く、原価率、販管費率も問題ありません。

気になるのは、営業時間の見直しのニュースと、月次の停滞です。これらが業績に与える影響を見極めていきたいと思いますが、少なくとも今回の決算は一見した印象よりも実は良いというのが個人的な感想です。

株価はこの決算に対して、ほとんど反応しませんでした。
現在株価2884円、PER19.5倍、PBR4.51倍、ROE23.8%、DCF法適正株価2961円   





ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。



株式長期投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村





0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿