2014年12月16日火曜日

フジ・コーポレーション(7605) 26年10月期本決算はまさかの20%超増益



フジ・コーポレーションの本決算が発表になっています。

フジ・コーポレーション【7605】、今期経常は3%増で6期連続最高益、前期配当を5円増額・今期も20円継続へ | 株探ニュース

 フジコーポ <7605> [JQ] が12月15日大引け後(15:00)に決算を発表。14年10月期の経常利益(非連結)は前の期比19.9%増の20.4億円になり、従来予想の17.5億円を上回って着地。15年10月期も前期比2.7%増の21億円に伸びを見込み、6期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。13期連続増収、6期連続増益になる。

 同時に、前期の年間配当を15円→20円(前の期は1→2の株式分割前で35円)に増額し、今期も20円を継続する方針とした。

 直近3ヵ月の実績である8-10月期(4Q)の経常利益は前年同期比3.7倍の2.6億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の1.4%→5.1%に大幅改善した。



8-10月の利益の出方が前年までと違いすぎて、まったく予測できませんでした。ポジティブサプライズです。この原因に関してはぴよたんさんの下記のエントリーで説明されていますので、手抜きをして割愛させていただきます。ぴよたんさん丁寧な分析ありがとうございます。

 フジコーポ本決算 - ぴよたん

結論としては、原価率な大幅な低下が原因で、理由は売上の増加とゴム価格の低下が考えられるとのことです。むしろ円安でどれだけデメリットがあるかを見極めたいと思っていたのですが、資源安の恩恵を受けるとは思ってもみませんでした。いままでそんな兆候はなかったのに(笑)。

これを受けて、本日東京市場全面安の中、逆行高でした。


今年は寒くなるのが早くのでタイヤの売れ行きも良いようです。またトップページにこんなアナウンスがありました。新倉庫が今年稼働できていれば・・・・。残念です。



ともかく、円安でもある程度利益がでることが分かった同社。修正フリーキャッシュフローも綺麗に伸びており、DCF法で算出してみると相変わらず割安でした。

今後も期待できそうで楽しみです。


ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ





0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿