2014年10月29日水曜日

アークランドサービス(3085)26年12月期3Q単独が改善傾向



アークランドサービスの3Qが発表になっています。

アークランドサービス【3085】、1-9月期(3Q累計)経常が16%増益で着地・7-9月期も18%増益 | 株探ニュース

 ALサービス <3085> が10月28日大引け後(15:00)に決算を発表。14年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結経常利益は前年同期比16.1%増の18.9億円に伸びたが、通期計画の25.5億円に対する進捗率は74.5%となり、5年平均の72.8%とほぼ同水準だった。

 会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-12月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比10.0%減の6.5億円に減る見通しとなった。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比18.0%増の6.7億円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の15.1%→14.3%に悪化した。

19%増収、24%増益ということで、素晴らしい数字だと思います。売上営業利益率が若干悪化していますが、豚肉の価格が上がっていますから仕方ないですね。2Qの決算でもそうでしたが、悪条件の中うまく対応していると思います。

アークランドサービス(3085)2Q単独でも増収増益を確保は立派 - バフェット流バリュー株投資で資産形成+

また、2Q単独と比較すると、3Q単独は売上が増えたため、利益が増加傾向にあり、積極出店の効果が予定通りでています。 


安心してホールドできる銘柄。通期は普通に考えれば上ブレしそうです。

 
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ
 
 





0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿