2014年10月30日木曜日

ベネフィット・ワン(2412) 27年3月期2Qは最終利益35.4%増と絶好調



ベネフィット・ワンの2Qが発表になっています。前回の決算はこちらベネフィット・ワン(2412) H27年3月期1Qは最終利益21.9%増 


ベネフィット・ワン【2412】、上期経常が25%増益で着地・7-9月期も40%増益 | 株探ニュース
 
 ベネ・ワン <2412> [東証2] が10月29日大引け後(16:30)に決算を発表。15年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比25.5%増の12.3億円に伸び、通期計画の36億円に対する進捗率は5年平均の30.5%を上回る34.4%に達した。

 会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比9.4%増の23.6億円に伸びる見通しとなった。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比39.7%増の6.3億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の9.7%→12.6%に改善した。

売上5.3%増、営業益20.7%増、最終益35.4%増の増収増益でした。利益面では1Qより増加が顕著になってきています。まったく危なげありません。

1Qの時も書きましたが、売上の伸びがもう少しあれば最高なのと、セグメント毎のIRがあったらいいのにというのが感想です。

この会社は鉄板の福利厚生代行事業で稼いだキャッシュをどのように効率的に使えるかに尽きるので、新事業の動向に要注目です。また、同企業の業績は下期に編重しているので、これからが勝負です。



ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ






0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿