2015年4月20日月曜日

ブロンコビリー(3091)27年12月期1Q決算分析



ブロンコビリー【3091】、1-3月期(1Q)経常は20%増益で着地 | 株探ニュース

 ブロンコB <3091> が4月16日大引け後(15:30)に決算を発表。15年12月期第1四半期(1-3月)の経常利益(非連結)は前年同期比19.7%増の5.7億円に伸び、1-6月期(上期)計画の11.2億円に対する進捗率は51.0%に達したものの、前年同期の56.4%を下回った。

 直近3ヵ月の実績である1-3月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の15.6%→15.2%に低下した。



今上期予想のほぼ半分で着地しており、問題ないかと思います。同社は今期かなりハードルを上げてきたので予想通り成長できれば上ブレがなくても充分だと考えています。






4Q毎に見ても売上、営業利益の伸びが顕著です。微妙に営業利益率が下がっているのは、原価率が少々上がったことが原因です。しかし販管費率を抑えて、影響を軽微にしています。このあたりは安心感があります。


 株価の方は決算前に期待で買われ過ぎたため、反動で下げています。少し休んだ後は利益成長と同様に株価も成長していくものと思われます。

ちなみに株価の水準から言って、この1Q決算と発表と同時に株式分割が発表されるのではないかと予想していましたが、残念ながらありませんでした。


現在株価4670円、PER22.13倍、PBR3.21倍、ROE14.5%、DCF法適正株価4785円



ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ  
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 





0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿