2015年4月28日火曜日

アークランドサービス(3085)27年12月期1Q決算分析



アークランドサービス【3085】、1-3月期(1Q)経常は8%増益で着地 | 株探ニュース

 ALサービス <3085> が4月28日大引け後(15:00)に決算を発表。15年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比7.6%増の7.2億円に伸び、1-6月期(上期)計画の12.8億円に対する進捗率は56.3%に達し、さらに前年同期の51.5%も上回った。

 直近3ヵ月の実績である1-3月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の16.1%→14.0%に低下した。 


 売上はOKですが、利益が伸び悩んだというのが第一印象です。気になる点は二つあります。
一つは営業利益増加率の低さ、もうひとつは最終益がマイナスとなったことです。

このうち最終益がマイナスになった点については、前期に93百万円の店舗譲渡益を計上して最終益がかさ上げされているためですので、それほど気にする必要はありません。問題はむしろ前者でしょう。

以下は四半期毎のグラフです。






これを見ると以下の事が分かります。

・前期の営業利益の伸びが極端に大きかったため、今期の営業利益の増益率が小さい
・四半期毎に見た営業利益は過去最高水準
・昨年の2Qあたりから営業利益率は低下傾向にある(それでも充分に高いが)
・その原因は原価率の増加にある
・販管費率を低下させることで利益率の落ち込みを食い止めている

営業利益の伸び率は昨年に大きな伸びをした反動で小さくなってしまった面もあります。利益水準そのものは非常に高いので私はあまり心配はしていません。

また、原価率が上がってしまって苦しいところですが、販管費率をしっかりコントロールしており、引き続き好感がもてます。ここが我慢のしどころですね。

原価率の増加の原因ですが、下のグラフで昨年の4-6月に前年比で急激に価格が上昇しており、同社の利益率が下がった時期と符合しますので、おそらく豚肉の価格の高騰だと考えられます。





諸手を挙げて喜べるような数字ではないですが、 苦しい環境の中で最低限の数字はしっかりとまとめてきたという印象を受けました。

現在株価5150円、PER26.30倍、PBR3.70倍、ROE14.6%、DCF法適正株価4563円


ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村







0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿