2015年7月6日月曜日

ギリシャ緊縮策に大差でNO



なんだかんだ言っても賛成多数で先送りされるのかと思っていましたが、国民投票の結果はなんとNOでした。

欧州首脳、ギリシャ残留可能か決断へ-国民投票の結果受け - Bloomberg

これでギリシャのドラクマ復活→ユーロ離脱が可能性としてかなり出てきました。

ギリシャだけの問題であれば、市場規模も小さいし、すでにある程度織り込んだかと思いますが、読めないのが南欧諸国への影響です。マーケットは読めない事象を嫌がります。

また中国市場の暴落も止まりません。今日は上海は反発したようですが、香港はかなり下げました。


どちらも日本の企業(特に内需)の業績に関係ないので、ホールドあるいは逆張りという戦略もあり得ると思います。

しかし下記サイトにありますように、株価は予想利益だけでは決まりません。

時間軸とリスクプレミアムの関係|エナフンさんの梨の木

先が読めない状況ではリスクプレミアムが上がり(リスクオフとなる)株価は下がります。 そしてそのリスクプレミアムの状況はどれくらいの期間続くかわかりません。

現在日本株は比較的(というかかなり)リスクプレミアムが小さくなっていることを頭に入れておかないと痛い目にあうかもしれないと考えており、それを踏まえて今後の行動を思案しています。

先週少しガードを上げたので、残りは持ち株の近々の決算を確認してから行動しようと思っています。

難しい局面になってきました。

春山さんは強気みたいですね。


ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ  
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿