2015年7月20日月曜日

現在の保有銘柄の状況(2015/7/20)



第3週恒例、現在の保有銘柄の状況です。

約一か月前(6/21)の状況はこちらです。
現在の保有銘柄の状況(2015/6/21) - バフェット流バリュー株投資で資産形成+





売り プレサンス(全部)、フジオフード(全部)、トレファク(一部)、ブロンコビリー(一部)、テンポス(一部)、フジコーポ(一部)、シノケンG(一部)、あみやき亭(一部)

買い 日本BS放送(買増)


プレサンス(3254)
フローのビジネスで業績の変動が激しいことから、徐々にポジションを落としていっていたのですが、業績が良さが継続していることから売り切ることができていませんでした。しかし、7月上旬のギリシャ問題、チャイナ・ショックに対応するため、消去法で売却しました。業績的にはまだ伸びそうな気がしますので残念です。

フジオフードシステム(2752)
実態はそれほど悪くないと思うので、もう少し持って入れば結果は出ると思っていたのですが、一年間でのパフォーマンスの悪さは否めません。今後を考えても他の銘柄よりも有望かを考えた結果、やはり消去法で売却することになりました。優待のコナコーヒーが良かっただけに残念です。

他の一部売却銘柄はポジション調整です。



日本BS放送(9414)
優待改変のニュースを受けて、少し買い増しました。その後下落していますが、認知度向上による収益アップに期待しています。



現在1090円、PER17.6倍、PBR1.51倍、ROE8.7%、DCF法適正株価1695円




6月中旬から7月中旬を振り返ると、ギリシャがまさかの実質デフォルトに陥り欧州を中心に波瀾の展開となりました。またそれよりも影響が大きいとされる上海市場の暴落もありました。現在はそれらも収まり株価は大幅反発していますが、今後どうなるかは予断を許しません。



このような状況ながら終わってみれば、6月半ばからの私のPFは比較的好調に推移しました。現在は高値を更新した状態にあります。大幅下落に備えるため、キャッシュポジションを高めたのですが、いまのところ売らなかった方が正解だったようです。

この一か月で最も良いパフォーマンスはティア(+22.5%)、次がテンポスバスターズ(+19.9%)、3番目がアークランドサービス(+14.7%) でした。その他フジコーポも+13.2%となぜか非常に上昇してくれました。株価の上昇はいつか来ることが分かっていたとしても、いつ来るかは本当に分からないものです。

最もパフォーマンスが悪かったのがシノケングループ(-7.2%)、次がエー・ビー・シーマート(-4.7%)、3番目が薬王堂(-1.6%)でした。マイナスはこの3つの銘柄だけでしたので、本当に助かりました。


グアム旅行の準備や格安SIMへの移行準備をしていたところ、車が故障しそのまま廃車となり、買い換えの新車を探すことになりました(泣)。ますます株式投資の時間をつくるのが難しくなってきましたが、なんとか大きな間違いだけはしないように対応してきたいと思います。


ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ  
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村





0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿