2014年11月1日土曜日

ワークマン(7564) 27年3月期2Qは純利益9.7%増でほぼコンセンサス通り



ワークマンの1Qが発表になっています。前回の決算はこちらワークマンの1Qが発表になっています。

ワークマン【7564】、上期経常が5%増益で着地・7-9月期も4%増益 | 株探ニュース

 ワークマン <7564> [JQ] が10月31日大引け後(15:00)に決算を発表。15年3月期第2四半期累計(4-9月)の経常利益(非連結)は前年同期比4.6%増の40.1億円に伸びたが、通期計画の101億円に対する進捗率は39.5%となり、5年平均の41.8%とほぼ同水準だった。

 会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の経常利益は前年同期比8.7%増の61.5億円に伸びる見通しとなった。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の経常利益は前年同期比3.8%増の16.5億円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の13.5%→13.2%に悪化した。

相変わらず、手堅い決算です。前回と同様、為替の影響によるマイナス要因とPB比率によるプラス要因のバランスがどのように利益に表れてくるかがポイントでした。若干営業利益率が下がっていますが、まずまず予想された範囲と言えるでしょう。

今後気になる点としては、9月の売上が下がっているので今後の売上の動向、日銀の追加緩和によりさらに為替の影響が出やすくなるかもしれないことです。




ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿