2015年8月27日木曜日

【決算分析】スターツコーポレーション(8850) 28年3月期1Q



スターツコーポレーション【8850】、4-6月期(1Q)経常は44%増益で着地 | 株探ニュース

 スターツ <8850> が8月7日後場(13:00)に決算を発表。16年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比43.6%増の45.8億円に拡大し、4-9月期(上期)計画の73.5億円に対する進捗率は62.3%に達し、5年平均の44.5%も上回った。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の10.3%→11.0%に上昇した。



最終益こそ前期の負ののれん益の剥落により減益となったものの、それを除けば大幅増収増益で一見するととても良い決算に見えるのですが、手放しで喜べるような内容ではありませんでした。以下はセグメント毎の売上と利益です。









1Qセグメント利益を見ていただくと分かるのですが、主力2本柱の建設事業、不動産管理事業において利益が前年を下回っています。今回の大幅増収増益の要因は分譲不動産事業の特別な収益によるものです。しかし契約残高が前年同月比でかなり減っており、今後の同事業の収益は不透明です。この傾向は建設事業も同じであり、これに加えて不動産管理事業の利益率が継続的に落ちることになれば、収益はしばらく苦しくなる可能性があります。

しかし、もともとあまりに低PERに放置されていたことと、JPX日経400に採用されたことから株価的には上昇してきており、PERがもう一段と上昇し、株価的にはポジティブという可能性もあります。その証拠に今週のチャイナショックにおいても比較的値下がりが軽微でした(今のところ戻りが鈍いですが・・・・)。

株価としてはJPX日経400への採用があったため、発表日に向けて株価は値上がりしましたが、決算には大きく反応していません。

現在株価1993円、PER11.2倍、PBR1.89倍、ROE17.4%、DCF法適正株価2843円



ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村






0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿