2015年8月3日月曜日

投資信託の状況確認【確定拠出年金】(2015/8/3)



毎月一度の「投資信託の状況確認」では、現在投資中または投資予定のある投資信託の状況を確認し、年金運用に役立てるためのコーナーです。


前回の記事はこちら

投資信託の状況確認【確定拠出年金】(2015/7/4) - バフェット流バリュー株投資で資産形成+
   
年金積立インデックスファンド日本債券:0231B01A:青
DC・ダイワ・ストックインデックス225:0431301C:赤
インベスコ MSCIコクサイ・インデックス:18312023:緑
年金積立インデックスF海外新興国株式:02311084:黒
Jリートアクティブファンド(1年決算):6431307A:黄



1か月チャート



まず最近一か月の動きです。上から順に外国株式インデックス(インべスコMSCIコクサイ)、日経225インデックス、Jリートアクティブ、日本債券インデックス、新興国株式インデックスでした。

今月もあまり調子はよくありませんでした。特に新興国は悪いです。もちろん中国の影響です。日米、Jリートともなんとかプラス圏で持ちこたえたという感じでしょうか。


Jリートの利回りは平均で3.34%(前月)→ 3.31%(今月)と下落(価格は上昇)しました。(J-REIT一覧 - JAPAN-REIT.COM)。

Jリートの利回りと長期金利、そのスプレッドのグラフです(不動産証券化協会 -ARES- J-REIT View)。大局的には引き続き金利の上昇とJリート利回りの上昇が同時に進んでいるので、スプレッドは3%程度で横ばいです。Jリートの利回りは上がってきていますが、これを見るとまだまだ買える水準ではありません。それに比べると株式配当利回りの上昇は緩やかです。つまり金利上昇局面においてJリートよりも株式が買われているということです。しかし大きな差ではありません。



ここ一か月を見ると、金利はやや弱めで推移しています。




1年チャート


 

上から日経225インデックス、外国株式インデックス、Jリートアクティブ、新興国株式インデックス、日本債券イン デックスとなっています。

新興国とJリートはここ一年弱いですね。

現在日経平均は前期実績のPERは17.90倍(前回)→18.02倍(今回)、来期予想が16.28倍(前回)→16.41倍(今回)となりました(国内株式指標 :株式 :マーケット :日本経済新聞)。先月と比較するとやや上昇しました。

www.capital.co.jp/world_index.pdf

上記サイトによると、日経PER19.52倍、TOPIX15.91倍、NYダウ15.91倍、ナスダック22.46倍です。指標はすべて上昇しています。

過去の各市場のPERの水準を確認するにはこちらのサイトが便利です。

銀行.info  - 世界主要株式市場の株価収益率(PER)

日本株は比較的高い水準にあることは間違いありません。金利上昇の動きに今後注意していく必要があるかと思います。




2年&5年チャート






ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村





0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿