2014年2月15日土曜日

近畿マンション契約率2か月連続60%台



ちょっと気になるニュースです。

近畿は早くも増税手控え 1月のマンション発売が1千戸割れ - MSN産経ニュース

 不動産経済研究所が13日発表した近畿2府4県の1月のマンション発売戸数は、前年同月比21・4%減の718戸となり、2013年1月以来、1年ぶりに千戸を下回った。今年4月の消費税増税で買い手が減ることを見越し、不動産会社が供給を抑えた。前年水準を割り込んだのは2カ月連続。

 契約率は65・2%で、好調の目安とされる70%を2カ月連続で下回った。消費税増税前の駆け込み需要で人気マンションの在庫が減ったことが響いた。

 地域別にみると、大阪市は339戸、神戸市は113戸、京都市は41戸だった。

 1戸当たりの平均価格は157万円減の3485万円だった。2月の発売戸数は平年並みの1500戸程度と予想している。

 マンションは4月以降に完成すると消費税増税後の税率が適用される。

ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ





2 件のコメント:

  1. いつも気になるニュースをありがとうございます。
    プレサンスホルダーとして気になります。
    首都圏はそれほどではないと思うのですが、地方は生活防衛の方が顕著ですね

    返信削除
    返信
    1. 今後の首都圏の動向も要注意ですね。以前紹介しましたが下記サイトは本当に役に立ちます。
      不動産経済研究所

      それにしてもこのひどい大雪。アメリカも大寒波でモノの動きが鈍くなっているようですし、どうなることやらって感じですね。

      削除

人気の投稿