2014年6月30日月曜日

ファンダメンタルにチャートを組み合わせる手法が印象的「10倍株で勝つ」





著者は元々ファンダメンタルで投資を行っていたのだが、チャートを併用するようになってから成績がよくなったとのこと。

私も売買のタイミングを計るのにチャートを用いることがありますが、著者は銘柄を選定するのにチャートを用いるようです。このような方法もあるのですね。 以下はポイントの箇条書きです。

チャート
・株価はこの一年半で高値か?
・出来高は比較的多いか
・ローソク週足は上昇が優勢か

財務
・一年半で最も終値が高いか
・時価総額1300億円以下か
・創業者等が大株主か
・売上が5年前から1%でも増収、また予想も増収か
・四季報のコメントはポジティブか
・最低限の財務安全度はあるか
・予想PSRは2.5倍以下で割高でないか

また著者のHPもあるようです。ご参考までに。

『大化け株投資』 のすすめ

10倍株。早くその恩恵にあずかりたいものです。私の現在のPFの中で一番近いのは3093トレファクです。下のチャートの赤矢印のところで買い始めましたので現在2.5倍・・・・。まだまだ先は長い(笑)。


しかし今日も元気でした。そろそろ一服するかと思っていましたが、確かに月次から言っても今期の利益予想対前年比4.6%増は慎重過ぎます。仮に15%増だと1株利益が173円で今日の終値2700円はPER15.6倍で全く過熱感はありません。それを考えると今後調整をしながら上昇する可能性が高そうです。

ちなみに同社を買ったばかりの頃はPER1桁でしたが、買ってすぐに暴落したため、当時の私のPFのお荷物的存在でした。


3093 トレジャーファクトリーに参戦いたしました: バフェット流バリュー株投資で資産形成

そのことを思うと我慢した甲斐がありました。また、EPSとPERが同時に高まる小型株のパフォーマンスは半端ないと感じます。
 

ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ      



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿