2014年6月1日日曜日

投資信託の状況確認【確定拠出年金】(2014/6/1)



毎月一度の「投資信託の状況確認」では、現在投資中または投資予定のある投資信託の状況を確認し、年金運用に役立てるためのコーナーです。


前回の記事はこちら

投資信託の状況確認【確定拠出年金】(2014/5/3) - バフェット流バリュー株投資で資産形成+
 
年金積立インデックスファンド日本債券:0231B01A:青
DC・ダイワ・ストックインデックス225:0431301C:赤
インベスコ MSCIコクサイ・インデックス:18312023:緑
年金積立インデックスF海外新興国株式:02311084:黒
Jリートアクティブファンド(1年決算):6431307A:黄


1か月チャート




ま ず、最近一か月の動きです。上から順にJリートアクティブ、新興国株式インデックス、日経225インデックス、外国株式インデックス(インべスコMSCIコクサイ)、日本債券インデックスでした。

Jリートがトップで目立って上昇したのは久しぶりです。最近株式においても不動産銘柄にようやく元気が出てきましたので、同じようにJリートにも資金が入っているようです。

これを受けて、Jリートの利回りは平均で3.63(前月)→3.54%(今月)とさらに下がっています。(J-REIT一覧 - JAPAN-REIT.COM)。

ちなみにJリート絡みでいうと今週読んだ記事の中で下の様なためになる記事がありました。確かに負債の量を最適化することは大切ですよね。Jリートだとこれがストレートに理解できます。実は株式も同様なんですね。

株式投資やりたいなら、まずリートをオススメします - 株式、FXのまとめ解説

さらに2位が新興国でこれも意外でした。インドが急上昇したのでそのせいかとも思いましたが、組み入れ比率があまり大きくないので、サムスンの株価上昇の影響かもしれません。

外国株式が軟調なのもまた意外でした。ダウは最高値を更新しているんですけどね。為替もそれほど動いているわけではないですし・・・。

NYダウ、最高値を更新…1万6717ドル : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

この1カ月の投信は意外づくしでした。 




1年チャート



上から外国株式インデックス、Jリートアクティブ、日経225インデックス、新興国株式インデックス、日本債券インデックスとなりました。

ここでもJリートが一気に復権してします。これは昨年の今頃が底値圏であることと、今月の好調ぶりが要因です。来月は1年前が丁度底値ですのでトップになる可能性が高くなってきました。

現在日経平均は前期実績のPERが14.13倍、来期予想が14.07倍です(国内株式指標 :株式 :マーケット :日本経済新聞)。3月期決算が出そろってきたので実績のPERが大幅に下がりました。指標から見ると特に割高感はありません。

銀行.info  - 世界主要株式市場の株価収益率(PER)

上記サイトによると、日経PER16.16、NYダウ14.72です。

データによっては、一時PERで日経がダウを久しぶりに下回ったとのことで、今期業績予測に変化がなければ、これより下には振れづらい状況となっています。

相対的に割安感が増す日本株式市場 | マイナビニュース




2年&5年チャート





ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿