2014年6月11日水曜日

ミサワ(3169)が今週に入って急騰



ここ数カ月ほど、ほとんど動きがなかった地味銘柄のミサワ。

第1四半期の決算発表を6/13に控えた今週に入り、急に動意づいていました。

おそらく好決算が漏れ伝わっているのだろうと思っていましたが、どうやら当たりのようです。


 ミサワが急反発、「2-4月(1Q)経常益は3倍強の2.7億円のもよう」 | 株探ニュース

 ミサワ <3169> [東証M]が急反発。日経新聞が11日付で「家具店『unico』を展開するミサワの2014年2~4月は、連結経常利益が前年同期比3倍強の2億7000万円程度になったもようだ。四半期としては過去最高となる」と報じたことが買い材料視された。

 報道によると、主力の20-30代向けの家具が好調で、消費増税前の駆け込み需要が顕在化したうえ、前年のフィリピン工場の一部操業停止の反動もあって利益の伸びが大きくなったという。

 会社側の15年1月期の通期計画6億0500万円に対する進捗率が第1四半期(2-4月)だけで約45%に達するとあって、業績上振れを期待する買いが向かった。

経常益2.7億とはなかなかすごい数字です。しかし、今日上記ニュースがリリースされて、地合いも悪くないのに、長い上ヒゲつけてます。もう終わり?(笑) とにかく興味深く行く末を見守っていきたいと思います。



ワークマン、ニトリHDの堅実さもいいけど、ミサワのポテンシャルも捨てがたいです。売上の月次を発表してくれるともっとうれしいんですけどね。

現在、PER9.2倍、PBR2.71倍、ROE26%であり、無配ですが指標的にはまだまだ買われてもおかしくないと思います。


ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿