2014年7月11日金曜日

トレジャー・ファクトリー(3093) 1Q好決算&2Q上方修正&1対2の株式分割 でも終値は?



トレファクのH27年2月期1Qが発表になっています。

売上17%増、営業益51.3%増と抜群の数字でした。そして2Qの予想を減益から一転増益に引き上げます。といっても1Qの利益ほとんどそのままです。つまり2Qは黒字を出すのがやっとと見ていることになります。確かに、2Qは同社でもっても利益が出ない時期ですが、この予想も少し保守的かもしれません。

トレジャー・ファクトリー【3093】、上期経常を一転26%増益に上方修正・最高益更新へ | 株探ニュース

 トレファク <3093> [東証M] が7月11日昼(12:00)に決算を発表。15年2月期第1四半期(3-5月)の経常利益(非連結)は前年同期比51.9%増の3.5億円に拡大した。
 併せて、3-8月期(上期)の同利益を従来予想の2.7億円→3.6億円(前年同期は2.8億円)に30.7%上方修正し、一転して26.1%増益を見込み、6期連続で上期の過去最高益を更新する見通しとなった。
 なお、通期の同利益を従来予想の7.5億円(前期は7.3億円)を据え置いた。

 同時に、8月31日割当の1→2の株式分割に伴い、年間配当を従来計画の22円→11円(前期は20円)に修正したが、実質配当は変わらない。

 直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の10.5%→13.6%に大幅改善した。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
  平成27年2月期第1四半期会計期間においては、店舗の売上及び利益が計画を上回って推移したことなどから、全社業績は利益計画を上回って推移しました。 この結果、第2四半期累計期間の業績につきましては、営業利益、経常利益、四半期純利益が前回予想を上回る見込みとなったため、上記のとおり修正をいたします。 なお、通期の業績予想につきましては、平成26年4月11日に»続く
公表しました業績予想から変更はありません。 (注)上記の業績予想は本資料の発表現在において入手可能な情報により作成したものであり、実際の業績は今後様々な要因によって異なる場合があります。

 これだけの好材料がリリースされたため、一時は2999円をつけましたが、終わって見れば結局2700円(+0.56%)と何事もなかったような株価に(笑)




しかし、依然として素晴らしい業績であることが確認されたわけですので、安心してホールドできます。またいつも思いますが、四半期毎に決算説明資料を作っている姿勢も本当に素晴らしいと思います。


ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ  
 





0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿