2014年7月17日木曜日

アマゾン(AMZN) Kindle Unlimitedという恐ろしいサービスを検討中



このニュースには驚きました。

ニュース - 米Amazon.com、電子書籍の定額サービス開始か? テストページを一時公開:ITpro

 Amazon.comは今のところ正式発表をしておらず、コメントも出していない。だが、現地時間7月16日にサービスのテストページを一時的に公開しており、これが米Googleのキャッシュに残っている(写真)。

 これによると、サービス名は「Kindle Unlimited」。利用できる書籍のタイトル数は60万冊超で、料金は1カ月9.99ドル。Webページには、人気作品、文芸小説、注目作家などの分類で対象作品が紹介されている。Gigaomによると、このページを含む一連のテストページはすでに削除されたが、一時は「KU Test」というページが公開され、63万8416タイトルが表示されていた。その多くは、「Kindle Owners' Lending Library(Kindleオーナーライブラリー)」で提供されている作品だったという。

 Amazon.comの「Kindle Owners' Lending Library」は、Kindle端末(KindleおよびKindle Fireシリーズ)を所有し、かつ会員制サービス「Amazon Prime」に加入している人が利用できる電子書籍レンタルサービス。こちらは、利用できる書籍が1カ月に1冊で、Kindle端末でのみ閲覧可能という制約がある。一方新サービスのページには「どのデバイスでも利用できる」との説明があり、iOSやAndroid用Kindleアプリでも利用できるもようだ。

 定額制読み放題の電子書籍サービスは、米Oyster(50万冊/月額9.95ドル)や、米Scribd(40万冊/月額8.99ドル)も手がけている(関連記事:文書共有サイトのScribd、電子書籍の定額サービスを開始、月額8.99ドル)。Amazon.comの新サービスは、オーディオブックも用意する点がこれらとは異なるようだとGigaomは伝えている。16日に公開されたテストページには7351タイトルのオーディオブックが一覧表示されていたという。
おそらく、同社の音楽ストリーミングサービスAmazpn Primeの書籍版のような位置づけで、比較的市場価値の低いと判断された書籍の読み放題を意図しているのではないかということですが、なにしろまだアマゾンからの正式なコメントはないので詳細は不明です。

ただでさえもめている出版社との対立が激化しそうなこのサービス。今後どんな展開をみせるのか目が離せません。それにしてもアマゾンは既存の枠組みをことごとく破壊します。やはり恐るべし。


ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ    


 



1 件のコメント:

  1. ブログ連携のお願い

    ブログの内容を拝見させて頂き、お声掛けさせて頂きました。

    当社にブログ連携やお願いできないでしょうか?

    当サイトは投資に特化したSNSサイトでござますので

    ブログをご登録頂けますと、

    集客アップのお手伝いにはなるかと存じます。


    ご登録していただけることをお待ち申し上げております。

    詳細のは以下になります・・ どうぞよろしくお願いいたします!


    ◆fx-on.comにブログ連携を!◆


    以下よりパートナー登録していただけますと
    ブログ連携のお願い
    当サイトにブログが表示されます、

    管理人様のページのように内容の充実しているブログは

    キュレ―ションによりトップページにも表示されますので、

    アクセスのアップも期待できるかと存じます。

    当サイトを利用して情報交換や当サイトユーザーに

    向けて情報をいただければ幸いでございます。




    是非パートナーにご登録をお願い致します!

    *現在ご登録で自動売買ソフト(3万円相当)プレゼント中です。

    サイトURL →http://fx-on.com/

    登録ページ→ http://bit.ly/1hCJ0VJ



    どうぞよろしくお願いいたします。

    ゴゴジャン 吉村


    返信削除

人気の投稿