2014年7月27日日曜日

アマゾンの決算は私達に何も教えてくれない



Bloomberg.comのコラムの紹介です。日本語は拙訳です。

アマゾンの決算は非常に不親切で、株主はそのことにイライラしているみたいですね。



Amazon's Earnings Don't Tell Us Anything - Bloomberg View





アマゾンが2014年度第2四半期で報告した1億2600万ドルの損失は、たいした事でありません。なぜなら売上は800億ドル以上あり、同社は簡単に立て直すことができるからです。イライラさせるのは、投資の実績について株主にほとんど話していないことです。

アマゾンの決算を調査するのはストレスが溜まります。決算はたった3つの部分にしか分割して発表されません。「エレクトロニクスと他の一般的な商品」、「メディア」と「その他」です。モバイル機器製造からクラウド・コンピューティングまでの多数のビジネスに関わっている企業としては、とても不十分です。

マイクロソフト、ソニーとアップル―いろいろな分野のすべての競合企業―は詳細な部分情報を発表しています。そして、それらにより会社のいろいろな部分がどのようになっているかを理解することが簡単になります。マイクロソフトのモバイル端末部門(以前ノキアの一部)が利益がないとわかるには、私立探偵団は必要でありません。なぜなら最新の決算書の電話ハードウェアの項目で明らかになっているからです。iPad売上高が減っているということを発見するのに法医学の専門家は必要ありません。なぜなら、アップルは製品カテゴリーごとの結果を報告するからです。そしてそれは優れている部分と問題とを非常に明確にします。ソニーは細分化された決算報告を行うことにより、アクティビストに会社が何をするべきかについて主張されます。しかし、そのことは同社が困難を直視していて、隠すことが何も持たないことを示しています。

おそらくこのことが、アマゾンの株価が10パーセント下がる間、ソニーの株価がその損失にもかかわらずわずか2パーセントしか下がっていない理由でしょう。アマゾンがそうしているように、競合企業がつかもうとしている商機を逃さないために大きい投資をしていることを市場に話しているならば、それはあなたがいろいろな機会にいくらを賭けているか、そして、あなたがこれらの賭けを引き合わせるのが得意かどうか説明するために役に立つでしょう。しかし実のところは、第2四半期収支報告で、最高財務責任者Tomas Szkutakは、会社の投資がどうなっているかという質問をはぐらかし続けました。

1年につき99ドルのプライムプログラムの申込者の数?それは「非常にうまく成長しています」。ビデオ内容?「我々は、ますます多くの顧客が視聴しているのを確認しました」。クラウド・コンピューティング・ビジネスは「その他」カテゴリーに埋められているのですか?「チームは素晴らしい仕事をしていて、顧客のために革新しています。」Fire phoneは三次元効果は革新的ですが、評論家によってけなされてませんか?「電話に関して、私があなたをあまり多くを助けることができません。我々は、顧客の手にそれを届けられてとてもうれしいです。」キンドルのような確立した製品でさえ、レポートで触れられていません。

確かにアマゾンのビジネスはお互いに関連し強化しているため、切り離すのが難しいかもしれません。電子ブックは、クラウドの容量が大きいので様々なデバイスで使いやすくなっているし、アマゾンの電話をもつ人は誰でも、何をどこで買うべきかという情報を絶えず得ています。しかし、アップルの製品も多くは相互補完的です-あなたがApple TVを所有するならば、iTunesストアから音楽と映画を買うことは簡単です-そして、それは会社の決算の透明性確保を防げません。

アマゾンは、実質的に巨大なブラックボックスです。投資家は様々な問題(例えばコスト管理やその市場に参入することについての決定)に関してのマネジメントを信頼しなければなりません。アマゾン創設者であり経営最高責任者のジェフ・ベゾス氏は産業全体を再構築することで彼の能力を証明した想像力のある人物です。しかし、アマゾンはどんな一人の人でも完全にコントロールするにはあまりに大きい。ベゾス自身はより詳細情報を入手しています。そして、彼は不透明な報告から生まれる柔軟性を楽しんでいるに違いありません。しかし、彼は会社の18パーセントを所有するにすぎません。他の株主もより多くを知る権利があります。


Amazon's Earnings Don't Tell Us Anything - Bloomberg View

The $126 million loss Amazon.com Inc. reported for the second quarter of 2014 is no big deal: With more than $80 billion in annual revenue, the company can easily turn that around. What's irritating is how little it is telling its shareholders about the performance of the investments into which it is putting their money.

Studying Amazon's financial results is frustrating. Its breaks out just three segments: "electronics & other general merchandise," "media" and "other." For a company involved in a multitude of businesses ranging from mobile device production to cloud computing, that is woefully inadequate.

Microsoft Corp., Sony Corp. and Apple Inc. -- all Amazon competitors in various fields -- publish detailed segment information, which makes it easy to understand how various parts of the companies are doing. It doesn't take a team of private investigators to find out that Microsoft's mobile handset unit, formerly part of Nokia, is unprofitable -- it's right there in the latest earnings release, under "phone hardware." There's no need for a forensics expert to discover that iPad sales are slipping: Apple reports its results by product category, making it crystal clear where it's winning and where it has problems. Sony's segmented reporting has activist investors telling itwhat to do, but it also shows the company is facing up to its business challenges and has nothing to hide.

Perhaps this helps explain why Sony stock is down only 2 percent this year despite its losses, while Amazon's is down 10 percent. If you're telling the market, as Amazon does, that you're making massive investments in order not to pass up business opportunities that competitors might grab, it would be helpful to explain how much you're betting on the various opportunities and whether you're good at making these bets pay. As it is, on the second-quarter earnings call, Chief Financial Officer Thomas Szkutak kept dodging questions about how the company's investments are faring.

The number of subscribers to the $99-a-year Prime program? It's "growing very nicely." Video content? "We've seen just more and more customers are streaming" it. The cloud-computing business, buried in the "other" category? "The team is doing a fantastic job and innovating on behalf of customers." The Fire phone, notable for its innovative 3-D effect but panned by reviewers? "In terms of the phone, there's not a lot I can help you on that. We're extremely pleased to get it in customers' hands." Not even an established product such as the Kindle is broken out in the report.

Granted, Amazon's businesses might be hard to separate because of the way they reinforce one another: E-books are easier to use across devices because of the company's cloud capacity, and anyone with an Amazon phone is constantly getting guidance on what to buy and where. That said, Apple's products are often complementary, too -- it's easy to buy music and movies from the iTunes Store if you own an Apple TV -- and that doesn't prevent the company from making an effort to be transparent.

Amazon is, in effect, an enormous black box. Investors who buy into it have to trust the management on issues such as cost control and decisions on entering this or that market. Amazon founder and Chief Executive Officer Jeff Bezos is a visionary who has proved his ability to reinvent entire industries, but Amazon is simply too big for any one person to control completely. Bezos himself probably has access to more detailed numbers, and he must enjoy the flexibility that comes from opaque reporting, but he only owns 18 percent of the company. Other shareholders deserve to know more.

ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ






3 件のコメント:

  1. いつも詳細な記事をありがとうございます。
    成る程、あの下げにはそういう理由も含まれていたんですね。

    返信削除
  2. このAMAZONの情報はどのように取っているんでしょうか、
    BLOOMBERGは日常的にチェックしているんですか?

    返信削除
    返信
    1. こんばんは。
      アマゾンの株価は通常の株のように評価ができないので、ホルダーの考え方次第ですよね。ホルダーが不安になれば株価が下がるわけで、今回の決算についてはベゾスのカリスマ性だけでは不安を払しょくできなかったということのようです。
      Bloomberg.comの記事は英語の勉強も兼ねてFeedlyに登録していますが、普段はタイトルを読むのが精一杯で記事が山のように溜まってます(笑)。今回はとても気になる内容だったので、一応すべてを訳してみました。

      削除

人気の投稿