2013年10月22日火曜日

ニトリ<9843>米国進出に関するニュースと記事



 ニトリのアメリカ進出に関する記事です。

ニトリ、米国2店開業 西海岸に年3~5出店へ-北海道新聞[経済]

  【ロサンゼルス桑折しのぶ】家具・インテリア製造小売り国内最大手のニトリホールディングス(札幌)は19日(日本時間20日)、米カリフォルニア州に米国初出店となる「AKi―HOME(アキホーム)」を2店同時オープンさせた。似鳥昭雄社長は「最初の数年は3~5店ずつ、軌道に乗れば年10店ぐらい出したい。将来は米国内で千店やりたい」と西海岸を中心に展開を加速する方針を示している。

 ニトリの海外進出は台湾に続き2カ国・地域目。似鳥社長は米国事業について「黒字化は3年ぐらいかかる」との見通しを示しており、出店4年目の2017年2月期の黒字化を目指すとした。

 初進出の2店はロサンゼルス郊外の都市タスティンとフラートンの各ショッピングモール内に開業。売り場面積はタスティン店が2800平方メートル、フラートン店が1880平方メートル。現地子会社「ニトリUSA」が運営する。

 2017年までに黒字が達成されるとしても、それまでは利益面で足を引っ張るということですね。ちなみに下記記事に示すように台湾の黒字化には6年を要しているようです。大きく羽ばたくためにぜひ成功して欲しいところです。

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:日本発「垂直統合型自前主義」は通用するか? ニトリ (1/2) - ITmedia エグゼクティブ


 



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿